Sample ALT

ナイトワークの仕事の中には、性的サービスを売りにしている風俗の仕事も含まれます。店の営業は朝から行っているところがほとんどですが、その内容を見ても夜の需要が高いため、ナイトワークに分類されることが多くあります。

風俗というと、特に女性からすれば脱いだり男性客に奉仕したりというサービスに抵抗を持ってしまうこともあるでしょう。一度始めてしまうと抜けられないのではないかという不安にも駆られてしまいます。

しかし、現在では女性からの奉仕が必須でない風俗店も多数登場していますし、店の雰囲気も女性が働きやすいように配慮してくれているところがたくさんあります。怖くて悲壮感が漂うような雰囲気は一昔前の話のようです。

また、店側は女性がなぜ風俗で働くのかという理由をよく理解しているところが多く、サクッと働いてすっぱり辞めるという働き方が容認されていると見ることもできます。やりたくないサービスを強要されたり、ずるずると店に残されたりといったことはあまりないようですので、安心してよいでしょう。

ただし、その店のサービスに含まれていることは当然断れませんから、求人情報でしっかり確認しましょう。できることが多ければそれだけ高収入にもつながります。

Sample ALT

ナイトワークにはたくさんの種類があり、サービス内容も店のランクも様々です。収入もそれらの違いで異なってきます。

お酒を提供する店では、クラブや高級キャバクラではそのサービスクオリティによって比較的高収入が狙えます。性的サービスを行うところでは、やはり露出やコアなサービスを売りにしているところの方が収入はよいようです。

ただし、ナイトワークの収入でネックになるのは、キャスト・コンパニオンの人気度です。大半の店が指名制を導入しており、指名が入れば指名料をもらうことができます。キャバクラなどでは同伴出勤でも金額の上乗せがありますし、その分のインセンティブを積み重ねていくことでさらに収入はアップします。

また、営業している地域でもそれぞれのジャンルの中で相場が異なります。総じて都市部の店は地方より高給を出していると言われています。それは、客数やナイトワークの需要度などによるところが多いためで、そうした店が林立している歓楽街であればより高額が支給されるようです。

詳しくは求人情報をよくチェックして、また店のランクにも注目して探してみることをおすすめします。

Sample ALT

ナイトワークのサービス内容はたくさんで、収入もそれによって変わってきます。中にはギリギリのサービスや一定以上の接客技術が求められることもあり、できることが多ければその分収入がアップすることも確かです。

しかし、自分の中でどこまでのサービスならできそうかということを知っておかないとちょっと大変な思いをしてしまいそうです。例えば、高収入だからといってソープランドを選んだとしても、全身で男性客に接触するサービスに抵抗があるならやはり勤めるのは難しくなります。

また、キャバクラやクラブなどは指名を得て売上を伸ばすために積極的な接客と営業活動が求められるため、人見知りの女性には少し大変かもしれません。このように、それぞれのサービス内容によって向き不向きがある仕事でもあるのです。

時給自体がそう高くなくても、自分自身をアピールしてお客様からの人気を得ることができれば、その分稼げる仕事です。もしできないサービスがあっても、別のところでカバーするという気持ちで求人情報を探せば、きっと自分に合う仕事が見つかるはずです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031